岐阜県 プロミス

お金を借りたい時はプロミス

岐阜県在住の方がお金を借りたいという時はプロミスに限ります。何故かというとプロミスには借りる側からしてもメリットが大きいからです。

 

メリットは後で紹介しますので、プロミスの申し込み方法についてまず紹介しておきますね。

 

プロミスの申し込み方法ですが、「ネット申し込み」「自動契約機での申し込み」「電話申し込み」がありますが、やはりネット申し込みが一番手軽で簡単です。

 

岐阜県の自動契約機の店舗までわざわざ行くのは面倒ですし、電話も時間がかかったりしますからね。

 

ネット申し込みは24時間365日いつでも申し込みできますので、ちょっと空いた時間を使って申し込みしておくことが出来ます。

 

ですので、とりあえず急いでお金が欲しいというという岐阜県の方は即日融資可能なプロミスにネットで申し込みしておきましょう。

 

 

プロミスのメリット

30日間無利息

プロミスはプロミスを利用するのが初めての方で、Eメールアドレスを登録し、書面の受け取り方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択した方は、30日間無利息で利用することが出来るのです。

 

30日間は利息を支払わなくてもいいので、凄くお得だと言えるでしょう。

 

この無利息期間のうちに返済してしまえば、利息を支払わずにお金を借りれたという事になりますからね。

 

この無利息ローンというのは他の消費者金融でもあるところはあるのですが、プロミスは「初回利用の翌日から30日間」が無利息という事になっている点が特徴です。

 

どういうことかというと、今日プロミスに申し込みして契約したとします。

 

でも、すぐにお金を借りるという事はせずに10日後に借りたとすると、その翌日から30日間がカウントされるのです。

 

しかし、他社の無利息期間の場合、契約してすぐに借りなくても契約した翌日から30日間がカウントされるのです。

 

ですので、すぐに借りる場合はどちらも同じですが、すぐに借りない可能性もあるのならばプロミスのほうが絶対にお得という事になります。

 

最短1時間で融資

プロミスは申し込みしたその日のうちに借りることが出来る即日融資が可能なのですが、最短だと1時間で融資も可能となっています。

 

申し込みしてから1時間ってメチャクチャ早いですよね。

 

もちろん、最短という事なので審査がスムーズにいった場合に限りますが、それでもかなりスピーディな対応なのがプロミスです。

 

プロミスは夜でも振込キャッシングで振込してもらうことが可能です。

 

プロミスの場合、20時ぐらいまでに申し込みが完了しておくと、スムーズにいけば即日融資が可能なのです。

 

申し込みしてから審査の結果契約することが出来ると、振込してもらうことが出来るのですが、銀行営業時間でなくても振込してもらえる銀行が多いのも特徴です。

 

ほぼ24時間振込してもらえる銀行がかなり多いですからね。

 

自分が持っている銀行口座が、この24時間振込してもらえる銀行ならば、いつでも振込してもらえるという事になります。

 

また、振込してもらえない銀行であったとしても、ローンカードを自動契約機に取りに行けば、そのカードを使って併設のATMやコンビニATMで借入することが出来ます。

 

郵送物なし!カードレスでキャッシング

プロミスはすべてをWEBで完結する申し込み方法があります。

 

これだと郵送物がなしなので、家族にバレる心配もありません。

 

カードはどうするの?と思うかもしれませんが、カードは無くても振込キャッシングしてくれますし、契約後にプロミスのスマホアプリをダウンロードして、セブン銀行ATMに行けばキャッシングすることも可能なのです。

 

申し込みから借り入れ、返済まですべてがWEBで完結するってことですね。

 

このすべてをWEBで完結するには口座振替での契約にして、「カード不要」を選択しておけば大丈夫です。

 

これだけしておくことにより、郵送物がなくなるという事ですからプライバシーも安心です。

 

 

申し込み条件と必要書類

申し込み条件

プロミスに申し込みできる申し込み条件として、

 

20歳〜69歳の方
安定した収入のある方

 

となっています。

 

年齢条件はそのままで、未成年の方は利用することは出来ませんし70歳になっている方は利用することが出来ません。

 

あと安定した収入というのは、アルバイトやパートでの収入でも大丈夫ですので、主婦の方でもパート勤めをしていれば大丈夫です。

 

学生の場合でも20歳以上でアルバイトをしていれば利用可能となっています。

 

必要書類

必要書類ですが、希望の借入額が50万円以下の場合は「本人確認書類」のみで大丈夫です。

 

本人確認書類というのは運転免許証やパスポートになります。健康保険証でも大丈夫ですが、健康保険証の場合は住民票なども必要となります。

 

借入希望額が50万円を超える方や、希望の借入額と他社での利用合計が100万円を超える方は、本人確認書類に加えて収入証明書類も必要となります。

 

収入証明書類は「源泉徴収票(最新のもの)」「確定申告書(最新のもの)」「給与明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)」の中から1点用意する必要があります。

 

page top